バイオマスエネルギーとは?メリットとデメリットは?

Sponsored Link


原子力発電所の運転停止に伴い、

より一層代替エネルギーの研究は加速しています。

中でも環境に優しい再生可能エネルギーが注目されており、

太陽光発電を初めなにかと話題に取り上げられますね~

 

今回は再生可能エネルギーの一つ、

バイオマスエネルギーについて調べてみました。

 

バイオマスとは?

 

バイオマス(biomass)とは、bio-(生物)とmass-(物質量)の複合語で、

エネルギーとして利用可能な生物体

または生物体を利用することを言います。

 

一般的には、再生可能な有機資源を指します(化石資源は除く)。

具体的には、

 

  • 廃棄物バイオマス(廃材、家畜排せつ物、古紙、食品廃棄物、下水汚泥)
  • 未利用バイオマス(稲・麦・モミ穀)
  • 資源作物(さとうきび・トウモロコシ)

 

が挙げられます。

コンビニの廃棄弁当新聞紙もバイオマスの一種という事ですね。

これらの有機物を利用することでエネルギーを得るのですが、

実際どのようにして電力に変換しているのでしょうか?

 

 

バイオマス発電法は大きく2種類!

おおまかには2種類の方法でタービンを回すことで発電しています。

 

その方法とは、

 

  1. バイオマスを燃料として直接燃焼してタービンを回す(蒸気タービン方式)
  2. バイオマスを発酵させることで生じるガスを利用してタービンを回す(ガスタービン方式)

 

この2パターンでエネルギーを生み出しているわけです。

 

食品や排せつ物はほったらかしにしておくと、

微生物がそれらを分解してエタンガス二酸化炭素を発生させます。

 

この一連の作業は微生物が行ってくれるので

無駄なエネルギーを使わずにガスタービン方式で発電が可能、

というわけです。

 

これがバイオマスによるガスタービン方式での発電法が

注目されるポイントの一つですが、実はもう一点重要視されていることがあります。

それは、発生するガスの廃熱です。

 

バイオマスの発行により生じるガスは熱を持っています。

ガスタービン方式で発電した後のガスの熱を

新たにエネルギー変換することで電気へと換えちゃうのです。

047398

 

一つの作業で二倍美味しい!まさに一石二鳥ですね。

 

バイオマス発電は有機物と太陽エネルギーがある限り

永久的に利用可能なので、

再生可能エネルギーとして様々な利用法があるのです。

 

発電の途中で発生する二酸化炭素はその後、

植物の光合成に利用され、植物の成長に貢献します。

 

成長した植物は木材や食物などに換わって再び私たちの生活に還元され、

その後排せつ物や廃棄物となって

再びバイオマス発電の燃料となります。

 

従ってきちんと循環させることができれば、

大気中の二酸化炭素濃度を高めることなく、

環境にやさしいエネルギーとして利用することができるのです。

 

そんなバイオマスエネルギーですが、

現状の問題点とメリットについて考えてみましょう。

 

 

バイオマスはクリーンだが、お金が・・・

前述のとおり、バイオマス発電の仕組みは非常に無駄のない、

クリーンエネルギーを作るのに

理想的な発電法の一つであると考えられます。

 

その他のメリットを考えてみました。

 

  • 廃棄物の再利用ができるので地球温暖化に貢献できる。
  • エネルギーの安定供給が可能。 
  • 地域産業の活性化にもつながる。

 

逆にバイオマスの現状課題が以下のようになっています。

 

  • 次世代エネルギーを作るためにはコストが膨大にかかる。
  • 発電単価が高すぎて実用化はまだ難しい。

 

つまり、

お金がかかりすぎるからまだまだ普及は厳しい

という事ですね。

 

その他にも懸念事項として、

地域に散漫しているバイオマス燃料を回収して

 

  • 発電所に輸送する際の費用問題
  • 本来食料となるはずのトウモロコシやサトウキビを
    燃料とするのはどうなのか?
  • 発電所を建設する際の森林の伐採は?

 

といったこともあります。

 

これらの問題を解決するためにも、今以上にバイオマス発電の発電効率を高めて、

実用化可能な発電法とする必要があります。

私たちの生活のかなめである電気問題について

じっくり向き合うのもいいかもしれませんね♪

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加