自転車 左側通行は罰則!罰金はいくら?

Sponsored Link


2013年12月1日から自転車の右側通行が
禁止になりましたね~

自転車の逆走がアウトになったってことで、これから
がっぽり取締りうけるので気をつけなきゃいかんですね^^

そこで今回は、自転車の左側通行の罰則について調べてみました♪
ここ数年で以上に自転車で通勤・通学する人、多くなりましたよね!
管理人の上司もダイエットのためと、車から
おしゃれ自転車にシフトチェンジしてました^^
a0003_001413_m
日頃のいい運動になるとか、
環境にもやさしいとか、
遠出がしたくてたまらないとか、

自転車にいいところはたくさんあると思いますが、
走行時のマナーはきちんと遵守しましょう。

もう、近所のおばちゃんの自転車のアンバランスさといったらもう・・・^^;
さらに、道路交通法も改正されました。
「知らなかったわ~」はもう通用しませんよ!

自転車ルールの何がどう変わったのか?
まずは改正後の内容についてチェックしていきましょう♪

 

改正後の自転車ルールは?

道路交通法の改正後の注意点は以下の2点です。

  • 警察官がブレーキ検査をできるようになった。
  • 通行できる路側帯は左側だけになった。

警察官がブレーキ検査をできるようになった

ブレーキ検査については、ブレーキのない自転車が
以前に問題になったこともあると思います。

チュートリアルの福田さんがピストバイク(前輪のみブレーキあり)
を走行していてニュースにもなりましたよね。

おまわりさんが自転車を停めて、
「ブレーキ検査させてね~」って言ってるのにもかかわらず
停車しなかったら、「5万円以下の罰金」が取られちゃいます。

さらに、「このチャリは運転するにはちょっと危険だね~」
必要な整備がされていないと判断されると
自転車継続走行禁止となります。
これに逆らっても「5万円以下の罰金」。

a1180_002113_m

通行できる路側帯は左側だけ

こちらも「3か月以下の懲役または5万円以下の罰金」が
科せられます。

【改正前】自転車が通行可能な路側帯は、
 双方向に通行可
【改正後】自転車が通行可能な路側帯は、
               道路の左側部分に設けられた路側帯のみ通行可

基本的には、自動車と同じ方向やないとアウト!!ってことですね♪
右側にしか路側帯がない場所では通行可です。

管理人の家⇔勤め先では、両側に路側帯があるのですが、
それでも歩道を走る自転車の方が多いですね。

田舎&歩く人が少ないということもあるかもしれませんが、
これからは、より一層厳しくなりそうです。

※歩道走行時は、自転車が通行すべき部分が
指定されていない場合、
歩道中央から車道寄りの部分を徐行して進行しなければ
2万円以下の罰金または科料。
a1180_002914_m

ちなみに車の運転でも、警察官現場指示違反
警察官通行禁止制限違反がこれと同等の罰金を取られます。

かなり重い法律になっちゃいましたが、それだけマナーの悪い、
危険な走り方をする方が増えてしまいましたもんね。

スマホ見ながらの運転とか、
オバちゃんの危なっかしい走り方とか、
2列で走行してくる人とか、
未だにお酒飲んでるのに、自転車に乗る人もいますよね。
(それ罰則対象ですよ!!)

そういう人がいるから、だんだんと規制も厳しくなってしまいますが、
決められてしまったものは、しょうがない!
きちんとルールを守っていきましょう!

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加