自閉症とは?スペクトラム?発達障害との違いを解説!

Sponsored Link


100人に1-2人

これは日本の自閉症関連疾患の障害有病率です。
自閉症なんて稀な病気でしょ?
と思っているのは大間違いです。
自分の子供がいつか発症するかもしれない・・・
そのためにも自閉症に対する理解が大事ですよね。

今回は自閉症(スペクトラム)とは何か?
発達障害とどう違うのかについて紹介していきます^^

自閉症」という言葉をよく耳にしませんか??
ニュースであったり、バラエティであったり
障害を抱えながら頑張っている人やそれを支える家族を
特集してますよね^^例えばこちらの平野厚雄さん。

自閉症者や家族がたくさんいる事は知ってても、
自閉症とは何か?」をきちんと理解している人は
まだまだ少ないと思います。

アスペルガー症候群だとか、
ダウン症だとか、ADHDだとか
ごっちゃごちゃになっているのではないでしょうか?

加えて、2013年以降は、自閉症スペクトラムという名称に
変更になったのをご存知ですか?
この自閉症スペクトラムを理解するためにも、
まずは発達障害とは何かについてチェックしていきましょう♪

 

発達障害とは?

発達障害とは、
生まれつき脳の一部に障害を持って生まれてきたために
他の人と比べて発達が遅れている人々に
診断される障害です。

この発達障害の中に、遺伝病として知られるダウン症とか、
学習障害(AD)とか、
注意欠陥多動性障害(ADHD)とかがあります。

この発達障害の一つに、自閉症スペクトラムがあります。
自閉症とダウン症は別物ですので、注意してくださいね^^
図にするとこんな感じです。

発達障害fotosho

発達障害にもいろいろあるんです^^
発達障害についてわかったところで、
次に自閉症スペクトラムとは何か?
をチェックしていきましょう♪

 

自閉症?自閉症スペクトラムとは?

自閉症とは、発達障害の一つの症状として分類されていました。
この従来の「自閉症」は、「自閉症スペクトラム」という
名称に代わっています。

①社会的にコミュニケーション障害がある
②自己主張が強い(こだわりが強い)

この2つの特徴が両方みられる人で且つ
日常生活を送る上で障害を負っている状態の場合に
自閉症スペクトラム(Autistic Spectrum Disorder、以下ASD
と診断されています。

①だけとか、②だけだと自閉症だと診断されません。

①②の両方を満たしても、日常生活に何ら支障がない
と判断されると、ASDとは呼ばれません。
筆者も対人関係に難がありますし、なおかつ
こだわりも強いですが、生活が害されることはないです。
(車のナンバーを足して3で割らないと気がすまないです^^)

なぜこのように名称が変わったのか?
その理由の一つとして
自閉症者の中にもいろいろな人がいる、
自閉症者と正常に成長してきた人をはっきり区別できなくなった
事が挙げられます。

ASDという名称になる前では、
自閉症は広凡性発達障害(Pervasive Developmental Disorders、以下PDD
という障害の一部と考えられていました。

このPDDの中にアスペルガー症候群とか、
レット障害とか、
PDD-NOSとかがありました。

広凡性発達障害fotosho

 

これらの名称は具体的な数値が決定的な因子となったわけではなく
あくまで周囲の人々の観察の結果、医師が診断したにすぎません。

現在でも様々な診断法や分析機器が開発されれはいるものの
明確に、はっきりと診断するのは難しいようです。

そのため今までの名称は全部とっぱらって、
ASDという名称で統一されています。

因みにスペクトラムとは連続したもの
という意味です。
同じ自閉症でも、重い障害を抱えた人もいれば
かなり軽度な自閉症者もいます。

自閉症者にも様々な状態の人がいるので
スペクトラムという言葉をつけて総称されています。

上述の①②の両方を満たす人はASD、
①だけの人は社会(語用)コミュニケーション障害(SCD
と、この2つのどちらかで呼ばれるようになっています。

そんなわけで、今までアスペルガー症候群と診断されていた人でも
現在ではSCDだと改めて診断される人も
ちらほらいるようです。

もしかして自分が自閉症なんじゃないか?
と思った方はこちらの自閉症スペクトラム指数(AQ
を出してみるといいですよ!

AQが33点以上(50点満点)だと自閉症と
診断される割合がぐっと上がりますが、だからといって
必ずしもASDというわけではないです。

自分以外の周囲の知人に採点してもらうと
点数がかなり下がったりします。
因みに筆者は34点でしたが(想像力とコミュ力が乏しい結果に・・・)、
友人に採点してもらうと29点でした。

 

まとめ

今回は発達障害と自閉症スペクトラムの違いについて
紹介してきました。

今まで発達障害や自閉症について考えもしなかったり、
言葉は知っていてもどんな障害なのか知らなかった、
という方のお役にたてたなら幸いです。

これを気に、ASDの原因であったり
特徴や付き合い方について一人でも多くの方に
興味を持っていただければと思います。

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加