北陸新幹線!金沢-長野の時間と料金は?

Sponsored Link


2015年春に開通予定の北陸新幹線

新幹線の名称も決定して現在話題沸騰中です。

金沢から長野への交通時間が大幅に短縮されそうですが、

時間は?交通費は?どれくらいかかるのでしょうか?

 

ちょっと金沢まで

 

そんな言葉が日常で使われるのも時間の問題。

2015年の3月末までに開業予定の北陸新幹線を使えば、

金沢から東京まで乗り換えせずに行くことができます。

 

ジャーナリストの池上彰さんもテレビで特集していましたね♪

いたるところで紹介されていますが、新幹線のファーストクラスとも

呼ばれる「グランクラス」が北陸新幹線でも導入されますよ~

どんな車両なのかは上の動画でチェックしてみてください♪

 

 

さてさて、北陸新幹線の新ルートについて記載していきますが、

新ルートは越後湯沢を経由するのではなく、長野駅を経由します。

 

そのため開通後は長野へも新幹線1本で行くことができます。

従来のルートと比較してどれくらい時間が短くなるのか

みてみましょう。

 

 

3時間も短縮?!

これまで金沢から長野まで行こうとした場合、

一度直江津駅(新潟県)で乗り継ぐ必要がありました。

直江津といえば戦国武将・上杉謙信ゆかりの地として

有名ですよね。

 

所要時間は最短で3時間47分程度。

だいたい4時間くらいかかっていますね。

 

料金は6,410円。長野駅から直江津駅の間は特急は

走っていないので鈍行で1時間30分ほどかかってしまいます。

これが時間のかかる原因でした。

011915

 

そこで、直江津駅と長野駅の間に上越妙高という

新しい駅を設置して、上越妙高から北陸

向かう新幹線路線を建設しました。

 

それにより大幅に時間短縮がなされ、計算では

金沢-長野間はおよそ1時間で行くことができるようです。

ということは、従来ルートよりも約3時間も短くなります!

 

1時間で行き来できれば日帰り旅行も簡単にできますね!

それでは気になる運賃を調べてみましょう。

 

 

金沢-長野はたった○○円!

いまだ工事中という事もあって

国交省は正式な北陸新幹線の運賃を発表してはいませんが、

東京-金沢間の料金は12,900円となることを発表しています。

 

現在の東京-長野間の運賃は7,460円(新幹線「あさま」利用時)。

従ってその差額の12,900-7,460=5,440円

金沢-長野間の運賃となりますね。

 

500~1000円前後の変動が予測されますが、

およそ5,500円程度でしょう。非常に安いですね。

 

 

長野新幹線?北陸新幹線?

ここで問題となるのは路線名がどうなるかという事ですね。

 

東京-長野間は現在、「長野新幹線」として

運行していますが、

金沢-東京間の新幹線は「北陸新幹線」の名称で

開通する予定でした。

 

従って新幹線開通後の長野-東京間は

「長野新幹線」と呼ぶのか「北陸新幹線」と呼ぶのか

議論が重ねられました。

 

この件に関してJR東日本は2013年10月2日に、

名称を「北陸新幹線」に統一することを発表しました。

現在の「長野新幹線」は延伸後、「北陸新幹線(長野経由)」と

表示されることで決着がついたようですね。

 

 

おまけ

10月10日には新幹線の愛称も決定した北陸新幹線。

 

  • 「かがやき」:東京-金沢を最短で往復する新幹線。
  • 「はくたか」:東京-金沢を往復する新幹線。かがやきと比べ停車駅が多い。
  • 「つるぎ」:金沢-富山を往復する新幹線。
  • 「あさま」:長野-東京を往復する新幹線。

 

4種類もの名前があるのはどうかと思いますが^^;それはそうだとして!

北陸へ気軽に旅行できるようになるのはいいことですよね。

東京から金沢までの交通費と時間についてはこちらの記事で

紹介しているのでよかったら参考にどうぞ~

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加