インフルエンザの予防接種!おすすめの時期は○○で効果は・・・!

Sponsored Link


冬になると必ず到来するインフルエンザ

発症すると自分だけでなく他人にも迷惑をかけてしまう・・・

早めの予防が大事です。

予防接種しなきゃいけないけど、

いつ頃ワクチンを打てばいいのかわからない・・・

インフルエンザ流行してから注射する?適正な時期を確認しておきましょう。

 

冬になると怖いのがインフルエンザ。きっちり対策をしていないと周囲にまで迷惑をかけてしまいます。

下記の動画ではどのようにインフルエンザが感染していくのか詳しくわかりますよ~

 

インフルエンザに感染するとしんどいですよね。

熱が39度以上になったり、

悪寒頭痛

筋肉痛といった症状が出てきます。

 

仕事にも様々な支障をきたし、大変やっかいな病気ですね。

 

そのためにも予防は必要不可欠です。

人に感染させないためにもマスク手洗いうがい

いったものが手軽にできますよね。

しかしながら、どうしても自分でできる予防法には限界があります。

 

一番効果的なのが予防接種

ワクチンを取り入れて抗体を作っておきましょう!

最も効果的な接種時期はいつなのか?知ってますか??

 

 

流行してからでは遅い!

予防接種時期のポイントは次の3点です。

予防接種の注意ポイントとは?
効果が出るまで15日間 ほどかかる
流行時期は12月~3月
接種してから5か月は効果がある

 

この3つを理解しておけば、

インフルエンザの感染は大幅に防ぐことができます。

002037

 

インフルエンザが流行り出すのは12月の下旬からが一般的です。

 

クリスマスや忘年会など、

人が集まる時期ということもあって余計

蔓延してしまいます。

従ってそれよりも前に体内に抗体を作っておく必要があるのですが、

抗体を作るのにおよそ2週間かかります。

 

このことから、

インフルエンザは12月の上旬までには接種しておくべきですね。

そうすれば5か月間効果が続くので、

来春までインフルエンザにおびえることなく生活できそうです。

 

 

しかし、年末は何かと忙しくなる時期。

仕事で時間が取れない方も少なくありません。

そんな方は12月上旬を過ぎた場合、摂取できない?のでしょうか?

 

 

1月でも接種可能!

12月上旬に打ちそびれたからと言って

その後ワクチン接種できないわけではありません

 

インフルエンザの流行中は予防接種可能です。

 

インフルエンザのピークは1月~3月とされていますが、

たとえ1月にワクチンを打っても

その後の2か月は効果があるわけで・・・

 

12月上旬を過ぎたからと言って無意味なことはありません。

 

そうはいってもやはり

予防接種は早めに行くのが良しです。

発症直前に行った場合、医療機関やライフラインが

十分に確保されなかったり機能しなくなる可能性が有り得ます。

 

日曜日でもワクチン接種できる病院は結構ありますが、

病院に行く前に一度。発熱相談センターに電話して、

正しい情報をもとに冷静な対処が必要です。

 

まずはお近くの相談センターと最寄りのクリニックを調べてみるとこから始めましょう。

 

 

肝心の効果は・・・

厚生労働省では、ワクチン接種者は格段に

インフルエンザに対する免疫が上昇すると報じています。

 

しかし、私の知人は、同シーズンにワクチン接種をした後に

A型とB型のインフルエンザにかかった、という例もあるので、

ワクチンを打ったからといって、

必ずしもインフルエンザにかからないわけではありません。

 

これは、接種してから抗体が体内にできる時間差に

よるものだとかっが得られており、

接種後も2~3週間は予防に心がけることが必要です。

 

その後は免疫がついているのでワクチン接種も有効になります。

くれぐれもご注意ください。

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加