インフルエンザの予防接種!ホントに効果はあるの?

Sponsored Link


12月といえば楽しいイベントがたくさんありますね!

家族で年末旅行やお鍋を食べにいったり

なんていいですよね。

それと同時に流行するのがインフルエンザ

早めの予防接種が勧告されますが、医療費が高いし・・・

本当にインフルエンザにかからない?

逆に悪くなるんじゃ?気になったので調べてみました。

 

インフルくんって知ってますか?

このサイトではリアルタイムでインフルエンザに対する情報が流れてきます。

インフルエンザシーズンがいつ到来するのか?把握できるのでおすすめですよ~

 

インフルエンザのシーズンが来る前にしておきたいのが

予防接種

 

ワクチンって本当に効果あるの?

 

こんな疑問を持っている方も少なくないです。

実際にワクチンを打ってもインフルエンザに罹った、

なんて人もいますしね。

 

一回の注射の費用は病院にもよりますが、

高いと6,500円する委員もあります(→こちら)。

高いお金を払ってるのに感染したらたまりませんよね。

本当に効果があるのか?調べてみました。

 

 

ワクチンの有効性

ワクチンの有効性と有害性に関しては

賛否両論世界中で議論がなされています。

ある県の病院では

インフルエンザの予防接種をやめた医院もあります。

 

厚生労働省によれば、ワクチンを打っても

インフルエンザの感染は防ぐことはできない

感染の可能性は減らすことができる、そうです。

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s

 

要するに、どれくらい効果があるのかわからない、という事です。

 

世界中の保健機関で一生懸命研究しても、

その年々でウィルスが変化してしまい、一概に計算できないようです。

 

年によって今年のワクチンは当たりだとか

はずれだとか言われているのはこのことです。

 

全く効果がないわけではない。けど効果が現れないかもしれない。

ということですね。一方で副作用はあるのでしょうか?

 

 

副反応は少ないものの・・・

2012年度の厚生労働省の被害報告によれば、

副反応報告数は全国で554件、全体の0.0011%

だそうです。非常に小さい数字ですが、

中には全身障害神経系障害といった重篤な症状

発した患者も報告されています。

 

また、副反応報告数の約半数が0~9歳の子供であるという事です。

幼児は予防接種を2度打つ必要があることことも

関係しているのでしょうか。

 

 

結局どっちがいいのか?

感染症情報センターによれば、インフルエンザの予防接種は

 

  • 高齢者のインフルエンザに関連する死亡の危険性が減少する。
  • 幼児の呼吸器疾患の予防効果がある。

 

などと言うように、ワクチンの効果はあるとしていますし、

それに関係する具体的な数値も公表しています。

 

インフルエンザワクチンの中には水銀が入っている(微量)から

予防接種は受けないという意見もあります。

 

しかしそれでも私はこれらワクチンの効果と副作用を考えた場合、

予防接種は受けることを勧めます。

a1180_010855

 

ワクチンを打たずにインフルエンザに仕事ができないのは

社会人には大変ですしね。

 

効果は小さくて費用も高いかもしれないが、

予防接種するに越したことはないと考えます。

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加