風邪を早く治すには?1日でできるおすすめ撃退法♪

Sponsored Link


風邪をひいたら寝て治すのが定石。

だけど学校や仕事もあるし休んでられない!

そこで今回は、時間がない人のための、

管理人が個人的にお勧めする撃退方法を紹介します♪

 

こちらの動画は私がいつも利用している「ベンザブロック」の

新cmの発表会の一面ですが、

綾瀬はるかさんの「ブロックの話」は笑っちゃいました^^

綾瀬さんだけではなく日本中の人々が困っている風邪

季節を問わずかかる病気ですが、特に冬は蔓延しますよね~

 

頭痛を始め、高熱鼻水のどの痛み

といった症状は生活に支障をきたしてしんどいです。

 

手洗いうがいといった

予防をできる限りしておくことにつきますが、

いざ風邪にかかった時のために、

早く治す方法をチェックしておきましょう。

 

 

風邪を治すのに必要な栄養素

風邪を治すには

原因となっているウィルスを退治しなければいけません。

037555

 

ウィルス退治にも体力が必要なので、

その分エネルギーを体内に注入することが大事です。

 

必要な栄養素は以下の3つ。

タンパク質:カロリー源。風邪によって高熱が生じるが、この時にタンパク質が分解されるので補う必要がある。

ビタミンA:のどや鼻水の粘膜を作るのに必要。視神経の働きもよくする。

ビタミンC:ウィルスを倒す白血球を強化するのに必要。抗酸化作用で風を引きにくくする作用もある。

 

風邪をひいたときは食欲がなくなるものですが、

早く治すにはビタミンCは絶対接種すべきですね。

 

これらの栄養素が含まれる食品がこちらになります。

タンパク質:肉・魚・豆類・卵・乳製品

ビタミンA:ニンジン・しそ・牛乳・卵・バター

ビタミンC:オレンジ・レモン・抹茶・いちご・グレープフルーツ・大根

 

風邪になった時に

果物や大根ジュースしそジュースを飲むのはこのためですね。

 

それではこのような栄養素を意識して、

一日の過ごし方をみていきましょう。

 

 

保温と栄養補給が大事

一般に、風邪を治す秘訣は

安静・保温・栄養摂取の3ポイントです。

 

仕事があるので安静にはできませんが、

その分エネルギーを摂って調節します。

 

夜寝るときに十分休みましょう。

それでは、風邪を早く治す4つのポイントを説明していきます。

 

 

朝はお風呂に入る

風邪のときは

お風呂に入らない人もいらっしゃるようですが、

風呂に入って体を温めることで

鼻づまりが解消します。

悪寒がある人は長風呂はせず、シャワー程度に済ませましょう。

 

 

朝食にオレンジジュースとフルーツシリアルを食べる

ビタミンCをオレンジジュースで、

タンパク質を牛乳で補給します。

 

ドライフルーツがあれば接種しておきたいですね。

ベリーなどには抗酸化物質がありますからね。

フルグラなんかはオススメです。

 

 

食後は薬を飲んでおきましょう。

 

 

昼休みは昼食&散歩

昼食もきちんと食べるべきです。

 

あまり食欲がなければ

コンビニの鶏肉入りサラダなんていいですよ。

濃いお茶を飲むのもいいです。

ポリフェノールカテキンの殺菌力に期待できます。

 

食後は人ごみの少ない場所で適度に散歩しましょう。

多少体を動かすことで免疫力を挙げることができます。

やりすぎは逆効果なので注意。

 

 

夕食はカレーを食べる

定番はおかゆやうどんといった、

お腹にやさしい物を食べますが

カレーは野菜のビタミンやスパイスが身体を活性化します。

ショウガ入りのものはなお良いですね。

ただし、喉を傷めている方は刺激が強いのでやめておきましょう。

 

 

お風呂に入って充分に寝る

お風呂に入って体の節々の痛みを和らげましょう。

入浴後に大根はちみつジュースを飲んでビタミン接種。

ぐっすり寝て体力を回復しましょう。

 

 

これらを一日遂行すれば

次の日は格段に免疫力も上がって風は治ります。

 

仕事で休めない・病院に行く時間がない方はインプットしておくといいですよ!

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加