薬とコーヒーの飲み合わせに注意!ぜんそく持ちは要注意?

Sponsored Link


飲み薬を服用する際、注意すべき飲み物と薬の関係。

カフェイン入りのコーヒーと一緒に飲んだりしてませんよね?

コーヒーで飲むとどんな副作用が出るかご存知ですか?

今回は、薬とコーヒーの飲み合わせについて調べてみました!

 

 

薬と食べ物・飲み物の関係についての意識は

ここ数年で大きく変化しました。

食べ合わせ・飲み合わせによっては

重大な副作用を引き起こすからです。

 

有名なのはグレープフルーツジュースとの関係ですが、

その他にも気を付けるべきものもありますね。

例えばコーヒーカフェインの入った飲料が及ぼす影響を知っておきましょう。

 

 

018725

 

 

カフェインの作用

カフェインを含む飲み物はいろいろあります。

 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ほうじ茶
  • 抹茶
  • コーラ
  • エナジードリンク
  • 栄養ドリンク

 

この他にもありふれています。

気になるのであれば、

原材料表記に書いてあるのでチェックしてみましょう。

この中でもコーヒーカフェインの量が多く

且つ頻繁に飲むので注意が必要です。

 

 

カフェインの大きな作用として、

眠気を覚ます効果がありますね。

ドラッグストア通販でもカフェイン剤が販売されていますよね。

なぜ眠気を覚ますかというと、

ドーパミンやグルタミン酸といった

脳内の興奮性神経伝達物質

サポートすることで脳を活性化しているからです。

 

 

もう一つの作用として、

利尿作用があります。

腎臓で体内水分を再吸収するのを防いで、

より体外に排出できるようにしているのです。

コーヒーの飲みすぎでトイレに行きたくなるのはこのためですね。

 

 

コーヒー+ぜんそく薬

コーヒーを飲むとき注意すべきなのは

気管支ぜんそくを患っている方です。

彼らの服用している薬にはテオフィリンという薬が処方されます。

テオフィリンはぜんそく患者の気管支を拡張する作用があります。

 

このテオフィリンという物質はカフェインと非常に似た形をしています。

 

カフェイン



 

テオフィリン



 

実はカフェインにも気管支拡張の作用があり、

そのために、テオフィリン+カフェインで

強い作用を引き起こします。

 

効果が強くなれば副作用も大きくなるので

嘔吐や下痢、重篤な症状としてけいれんを引き起こします。

そのため、

テオフィリンとカフェインは同時に服用してはいけないのです。

 

 

コーヒー+潰瘍治療薬

胃潰瘍を患っている方もコーヒー接種は注意です。

シメチジンという潰瘍を治療する薬(H2ブロッカーともいう)が

カフェインを体外から排出するのを妨げて

血中濃度が上昇、

結果として、カフェインの作用が増強されてしまうからです。

 

 

コーヒー+抗不安薬

うつ病患者や統合失調症の方に処方される

抗不安薬全般はコーヒーとの飲み合わせはダメです。

 

抗不安薬が

体を落ち着かせようと神経を抑制するのに対し、

コーヒーは興奮神経をサポートするためです。

結果、抗不安薬の効き目が悪くなって薬の効果を果たさなくなります。

 

 

水の常備が大事

コーヒーと飲み合わせが良い、という薬はありません。

基本的に服用薬は水で飲むという前提で開発されています。

イチイチ水を用意するのが面倒くさくて

コーヒーと一緒に飲みたいという気持ちはわかりますが、

必ず水で服用するように心がけましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加