カフェインの効果を得るには?缶コーヒーの量はベスト?

Sponsored Link


眠気覚ましとして使用されるカフェイン

カフェインの摂れる飲み物としてはコーヒーが代表的ですね。

実際どれだけの量のコーヒーを飲めばいいのかご存知ですか?

缶コーヒーは一本で足りるのか?調べてみました。

 

カフェインに効果はあるのか

眠気覚ましのドリンクには必ず含まれているカフェイン

001180

 

カフェイン剤が売られているくらいですので、

科学的にもカフェインには覚醒作用があることはわかりますが、

しばしば「カフェイン摂取しても効果がない」と言う人がいます。

 

しかし!実際はそのようなことはありません。

カフェインを接種すれば基本的に誰でも覚醒作用が現れます

 

効かないと思っている人はたいてい毎日接種している人です。

ずっと摂取し続けていれば、コーヒー1杯飲んだからといって

眠れなくなることはありません。

 

また、カフェイン入りとされている飲み物でも

量が少なければ効果が発揮されません。

紅茶の茶葉が少なければそれだけ抽出される

カフェインも少なくなります。

 

カフェインを接種するには適切な量が必要です。

目安の量を把握しておきましょう。

 

 

コーヒーの目安量

日本薬局方では

「通常成人1回0.1g~0.3gを1日2~3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。」

 

と記載されています。

従って1日に200mg~900mg摂取することになりますね。

 

実際にカフェイン剤として販売されている市販薬は

1回摂取量100~200mgで、1日の最大摂取量は

100~500mgとなっています。

市販剤カフェクールは1錠あたりのカフェイン量が最大(1包 200mg)です。

 

そのため、前述の量(200~900mg)だけコーヒーを

飲めば同じ効果を得られますね。

どれくらい飲めばいいのでしょうか?

 

一般に販売されている缶コーヒーの量は約190mLです。

その中に含まれるカフェイン量はメーカーにもよりますが、

100~160mg入っています。

 

従って1回の摂取量を考えれば缶コーヒー1本だけでも

十分効果がありますね。

効果が少ない場合にカフェイン剤を飲んで調節しましょう。

 

因みに代表的な眠気覚ましドリンクの眠眠打破には

カフェイン量が120mgレッドブルには80mgなので

缶コーヒーを飲んだ方が効果ありです。

 

 

飲みすぎに注意

薬局で売られていることからもわかるように、

カフェインはです。

覚醒効果がある一方で副作用も現れます。

 

頻尿から始まり、吐き気下痢痙攣を起こしたりします。

悪化すれば胃を洗浄しなければいけない事態になる可能性もあります。

くれぐれも摂取量は守って飲むようにしましょう。

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加