冠水と浸水の違いは?洪水や水没とは何が異なる?

Sponsored Link


台風が通過した際、土砂崩れ倒木といった

被害状況を耳にします。

その中で冠水という言葉を耳にしますが、

みなさんはこの言葉の意味を理解していますか?

浸水や洪水とはどう違うのか?チェックしておきましょう。

こんな映像を見たらぞっとします・・・

もし自分があの状況なら・・・なんて考えちゃいますもんね。

それにしても水害は怖いですね。冠水、洪水、浸水なんて

よくニュースで報道されていますが、そもそもこれらの

言葉の違いってなんなんでしょうか?冠水とは?

 

 

冠水って何?

川沿いの看板に

雨天時は増水のため冠水に注意

なんて表示を見かけます。

 

冠水とは元々田畑や作物が水をかぶることを指します。

「冠」という字を使用しているのは

冠=かぶるもの

から来ているそうです。

 

現在では作物以外にも

道路が水に浸かった場合にも使われます。

 

・・・ん?水に浸かるのなら「浸水」じゃないの???

 

そこで、「冠水」と「浸水」の違いを調べてみました。

 

 

冠水と浸水の違い

浸水を辞書で調べてみると、

水につかること、水が入り込むことを言うそうです。

 

家が水で浸かった場合はしばしば

床上浸水」や「床下浸水」という言葉を用いますよね。

 

では、この2つの似通った言葉の違いはなんなのか?

 

それは何が水につかるのか?だそうです。

 

冠水:田畑や作物、道路が水につかる場合。普段は水のない土地が水につかること。

浸水:家や駐車場、車が水につかる場合。ものが水にひたること。

 

このように使い分けるようです。

何が水につかるかの違いがあるだけなので、

きちんと使い分けましょう。

 

これらの冠水・浸水は、

洪水によって生じた氾濫による被害を指しますが、

洪水と氾濫という言葉が何を示すのか?

また水没と冠水・浸水の違いは?

せっかくなのでチェックしておきましょう。

 

 

冠水と洪水との関係

似たような言葉をまとめてみました。

洪水:大雨や雪解け水により河川の水量が増加することで河川が氾濫すること。

氾濫:河川の水があふれ出ること。

冠水・浸水:河川の氾濫によってモノ(住宅・田畑・車・道路など)が水につかること。

水没:地上にあったものが水によって沈んで隠れてしまうこと。

 

どれも似た言葉のようで実は異なります。

洪水は自然災害、冠水・浸水は被害状況を指すわけです。

 

 

きちんと言葉の違いを理解して使用しましょう。

 

 

冠水対策でおすすめは?

浸水対策と言えばよく土嚢(どのう)などが使われますよね。

 

しかし田畑に被害が出る冠水では対策も簡単ではありません。

そんな人には「冠水警報装置」というものが一般の方にも

設置・販売されています。

 

雨が降るとこの装置が作動し、冠水になる前に

表示板回転灯で周囲の人に注意を呼びかけます。

 

そして即座に道路関係者にメールで通知して、

冠水対策を行うので、冠水による被害を抑えることができます。

 

個人で使用する方も、町内で使用する場合も

この装置があればより安全ですね

興味のある方はこちらのサイトをご覧ください!

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加