重曹を入浴剤に!効能はあるのか?実体験を元に紹介!

Sponsored Link


最近になって、重曹が多種多様な場面で

使われるようになりましたね~

湿疹の改善なんかで入浴剤

利用している方も多いんじゃないでしょうか?

今回は、重曹の入浴剤としての利用法について調べてみました~^^

 

下のように重曹を使えば、きれいなみかんのデザートが作れますよ~

 

普通にみかんを食べるより断然美味しそうなデザートですよね^^

このように重曹の使い方はさまざま。例を挙げると

  • 歯磨き
  • ホワイトニング
  • 口臭
  • ベーキングパウダー
  • クエン酸と混ぜて炭酸水に
  • 脱臭効果

などなど、数えたらきりがないくらいに用途があります。

その中でも今回は入浴剤として使用できる方法を紹介します!

 

 

重曹とは?

重曹とは別名「炭酸水素ナトリウム」と呼ばれ、

重炭酸ナトリウム・重炭酸ソーダなどとも呼ばれています。

べーキングパウダーとしての方がなじみが深いでしょうか?

 

アルカリ性なので、扱いには注意が必要ですが、

その度合いは弱いので、一般のスーパーやドラッグストアでも

気軽に入手できます。

 

主な用途は洗浄効果・脱臭効果として使用されることが多く、

キッチンやトイレ・風呂の配水管の掃除などに重宝されます。

 

しかし、近年ではその有効性から

健康に良い物という意識が浸透し、

重曹を付けた歯磨き法であったり

ホワイトニング効果があるとされています。

 

中でも私が紹介したいのは入浴剤としての効果です。

 

管理人は背中にきびや湿疹がひどく、長年赤ちゃん用の入浴剤や、

きき湯」の湿疹対策用入浴剤を試してみましたが、

一向に改善されることがありませんでした。

 

そこで重曹の話を聞いて入浴の際に重曹を入れてみたところ、

肌のすべすべ感を強く感じるようになり、症状も改善しつつあります。

 

なぜ症状が改善されたかというと、重曹はアルカリ性を示すので、

体の表面の角質や脂分を分解して、

体から離れてくれる効果があるからです。

発汗効果もあるようです。

 

一度重曹風呂に入れば私の言っていることがわかると思います。

明らかに肌のすべすべ感が以前と違いますし、

角質が除去されていくことも感じられます。

 

しかし、重曹は立派な薬品ですので、

危険がないか非常に気になりますよね。

次章でその件についてまとめてみました♪

 

 

重曹は安全なの?

前述でも言ったように、重曹はアルカリ性物質です。

アルカリ性物質は皮膚に付着すると、

水分と反応して発熱を引き起こします。

 

その結果、皮膚がただれたような症状になりかねません。

しかし 重曹はアルカリ性でも非常に弱い分類のものであるため、

少し触ったくらいで大事にはなりません。

 

事実として重曹を歯磨きに利用する方や、胃薬として

活用している方もいます。

重曹は扱いを間違わなければ一般的に安全です。

 

とはいっても、50℃以上の音頭で重曹を扱うと

強アリカリ性を持つので、使用したらすぐに手を洗うようにしましょう。

チェックポイント
・目に入ったらすぐに目を洗う

・身体にアルカリが残らないように十分に洗い流す

・過剰量を投与しない

 

 

重曹入浴剤の作り方

重曹の正しい入浴剤の作り方を紹介します。

風呂の大きさにもより濃度が変化しますが、

一般的な風呂(140L)であれば、

重曹を100~150g加えて混ぜるだけです。

 

重曹購入の際に計量スプーンがついていますが、

管理人の場合は、お米の計量カップで測って加えています♪

毎日使tっているので、ドラッグストアで売っている

1㎏入りのものよりも、25㎏入りのものを使ってます^^

 

 

加えた前後で特に変化はありませんが、

これで重曹風呂の完成です。入った瞬間にアルカリ効果で

肌がすべすべしている感じがわかります。

 

これを40分以上を目安に2週間以上続けることで

肌の症状は激然と変化しますよ~

管理人は極度の湿疹餅ですが、毎日重曹風呂に

入っているおかげで、 肩や胸周りのカサカサが治りつつあります!

シャワー派だった管理人ですが、風呂に入るようになって、

背中にきびも治っています^^市販の入浴剤を入れるより

断然オススメですね!

 

 

肌荒れにだけでなく他にも?

この他にも重曹を使うことで、

風呂桶の掃除が非常に楽です!

 

クエン酸と混ぜることにより炭酸水を生じ、

トリートメント効果がありますし、

その他にも洗顔による黒ズミの除去効果などがあります。

重曹について一度チェックしてみてください♪

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加