男の厄年とは!厄払いの注意点と時期は?

Sponsored Link


厄年。それは人生において特に不幸なこと

起こるとされている年ですよね。

厄年の中でも最も危険だとされている大厄ですが、

そもそも、どのように厄年が決められたのか?

その年に何をしてはいけないのか?ご存知ですか?

今年厄年だからお祓いに行かなきゃなー

なんてことではもう遅いです。

この際にきちんと厄年についてチェックしておきましょう。

 

管理人は知りませんでしたが、下記動画のように、

新年は鯉に日本酒を飲ませて放流して厄払いをする、

という風習の地域もあるようですね。

 

日本では、今後の人生を無事に過ごすためにも、

厄払いという風習がありますよね。厄年がそれぞれ決められており、

最も危険な年とされるのが、男性の場合42歳。女性は33歳ですね。

 

人生で一番危険とされる大厄にはみなさん敏感になる方が多いようですね。

 

大厄なんか気にしないよと思っている方がいても

周りの人はとても心配しています。そこで、まずは厄年のことから調べてみましょう。

 

 

厄年とは?

そもそも厄年というのは何歳の頃を呼ぶのかご存知でしょうか?

付帯的に年齢を挙げると、一般に

男性:4歳 25歳 42歳 61歳

女性:4歳 19歳 33歳 37歳 61歳

とされています。これらの年(男性:42歳、女性:33歳)を本厄と呼び、

前後の年を前厄後厄といいます。特に42歳を大厄と呼んで、

もっとも危険の訪れる年とされています。

 

ここで注意しなければいけないのが、厄年は数え年であるという事。

あ、今年厄年だからお祓いに行かなきゃ・・・って方はもう遅いです。

 

満42歳の方はすでに後厄に入ります。

従って、41歳の年に本厄のお祓いを済ませておく必要があります。

 

 

何を根拠に厄年を決めているのか?

厄年は誰が決めたものなのか・・・?

お寺?古いお坊さん?そもそもいつの時代から厄年なんてあるのよ?

 

それは、平安時代に日本にやってきた

氣学・易学・占星術によって一生の中で最もエネルギーの

弱い年を現在の厄年として定めているそうです。

 

しかし、平安時代の書物に「厄年」の言葉は用いられていないので、

どの年代から厄払いの風習があったのかは定かではありません。

 

実際に平安時代と江戸時代の厄年(とされる)年というのは

大きく異なっており、厄年という言葉も誰が言い出したかも不明だそうです。

 

厄年の根拠は非常に曖昧だという事ですね。

 

 

お寺によって厄年が全然違う!

このように、時代でも厄年が異なるので、

寺院によっては厄年がかなり異なります。

 

例えば、関東で有名な埼玉県川越大師では、

厄年を

15歳 25歳 37歳 42歳 49歳 61歳

と定めており、ほかの寺院と違うことがわかります。

あなたも厄年に入っているかもしれませんね。

 

その他にも自分の干支に該当する1

3歳、25歳、37歳、49歳、61歳、73歳、85歳、99歳

を厄年としている地域や、見解の異なる寺社もあります。

祈願金を忘れるな!

寺院によって祈祷料は異なりますが、一般的には3,000~5,000円です。

中には高額(4,0000~5,0000円)で特別なお祓いをしてくれる寺社もあります。

贈答の際はのし袋を忘れないでくださいね!

こんな感じです。


 

 

何歳を厄年にするかは本人次第なところも大きいですよね。

最近では厄払いしない方も多いようですし。

逆に厄年でも大きく飛躍した人も大勢いますからね。

 

例えば日本の名監督黒沢明さんも42歳の時に

ヴェネツィア国際映画祭において日本人初の金獅子賞を受賞しましたし、

ボクサーの亀田興毅さんも日本人初のボクシング3階級制覇を成し遂げています。

 

 

厄年は気にするもよし、気にしないもよしという事でしょうね!

自分が厄年の年だ!と思った時は最寄りの寺院に相談してみてください。

 

 

厄年払いの時期は?

自分の気持ち次第と言っても厄は払うに越したことはありませんね。

厄払いをしてもらうなら、正月または旧正月です。

 

その年に降りかかる「」を一刻も早く落とした方がいい

という考えがあるので、そのため初詣を兼ねて

お祓いをしてもらうという考えが一つ。

 

一方、旧正月を1年の始まりと考える寺院では1月初旬ではなく、

1月下旬から2月初旬にかけて行うという考えがひとつ。

 

どこで厄払いをするにせよ、お祓いをしてもらう寺院に

相談してから祈祷をお願いしましょう。

ちなみに厄払い自体は年中行っていますので、

厄を落としそびれたということはないですよ。

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加