油性ペンの落とし方!紙もプラスチックも○○で簡単に!

Sponsored Link


子供が落書きしちゃった・・・

しかも油性ペンで。管理人も小さい頃何度も怒られました。

油性は水で洗えば消えるってものではありませんからね。

皆さんはどうやって油性ペンを消してますか?

油性だからってあきらめていたりしませんか?

 

こちらの動画では○○を使って油性ペンの落とし方を紹介していますね。

わかっていても、ついついやってしまう油性ペンの不注意。

らくがき落とし」といった類のグッズが手元にあれば別ですが、

そんなものに頼るよりももっといい方法があります。

 

まずはなぜ油性ペンが洗っても落ちないのか理解しましょう。

 

 

なぜ水で落とせないのか?

水性ペンなら水で洗い流せばすぐに落ちますよね?

でも油性ペンはそうはいかない。

油性ペンの成分を見ていきましょう。

 

油性インク

溶剤:ケトン・アルコール・酢酸エチル
着色剤:染料(フタロシアニンアゾ系金属錯塩
顔料(カーボンブラック、有機顔料)
樹脂:アクリル、マレイン酸、ロジン、エポキシ、シリコン、熱可塑性樹脂

添加剤:酸化防止剤、紫外線吸収剤

 

色々な成分が含まれていますが、重要なのは

①着色料がケトンや酢酸エチルに溶けている

   (エタノールにも溶けています)

ケトンや酢酸エチル類は水に溶けない

 

従って、これらを洗い落とす必要がありますが、

どうすればいいでしょうか?

 

「油性」を落とすには?

それはケトンや酢酸エチルが溶けている

アルコールで洗い流せばいいのです。

 

アルコールはドラッグストアやスーパーで販売されている

エタノール」を使用しましょう。

 

その他の飲料用のアルコールでもよいのですが、もったいないですし、

気化しずらいデメリットがあります。

マーガリンなどの油物を塗る人も中にはいるようですが、

のちの処理が面倒です。

使用するなら「エタノール」です。

 

エタノールを用いる場合は「無水エタノール」と

表示されているものを使用することをおすすめします。

 

水分がないほど落ちやすさも変わってきます。

ガーゼなどに湿らせて軽く押さえれば簡単に除去できます。

 

エタノールは化学薬品なので取り扱いには注意が必要ですが、

使用すればたちまち気化するので敏感にならなくてもOKです。

※引火性なので火器厳禁ですよ~

 

ただし、床や畳を傷める可能性があるので、

取り扱う時は風呂場洗面台などで使用するようにしましょう。

 

 

紙やプラスチック以外に油性ペンがついたら?

プラスチックだけでなく、例えば壁紙

油性ペンが付着した場合は少し注意が必要です。

 

服の場合は繊維を傷めることになったり、

色素が落ちたりするので、エタノールを染み込ませた布で

何度か叩いてあげます。インクが染み出てこなくなれば完了です。

 

壁紙も同様です。エタノールを染み込ませたガーゼを

雑巾のように思いっきり拭くと、反ってインクが広がってしまいます

布でたたいて染み込ませるようにしましょう。

 

 

エタノールのこんな使い方?

今回は「油性ペンを落とす時のテクニック」として

エタノールを紹介しましたが、

エタノールは万能な優れものです。

 

生活に便利なエタノールの用途

  • 消毒液
  • 油汚れの除去
  • 殺菌剤
  • 靴の内側防臭効果

a0002_004907

 

雨の日なんかは靴の中が早く乾くのでお勧めですよ♪

 

スーパーや薬局で見かけたら一度このことを思い出してみてください。

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加