炭酸を抜けないようにする方法とは?

Sponsored Link


炭酸を抜けないようにする、正しい方法を知っていますか?

まさか、まだペットボトルをつぶしたりしてなんとか

炭酸が抜けるのを防いでたりします?

今回は炭酸が抜ける理由について、

炭酸が抜けないようにする方法について

まとめてみました!

 

遂にあっつ~い炭酸なんて発売されることになりましたね!

 

ネット上では「美味しい!」とか、「不思議な味」など、いろんな意見のある

この商品ですが、管理人も先日飲んでみたところ・・・体が温かくなったかな?

という感じでした。

個人的には普通に冷えた炭酸の方がいいかも・・・なんてね。

 

本日はそんな炭酸について記載していきたいと思っているのですが、

炭酸はその爽快さが最大の売りですよね。

 

しかし、ペットボトルで購入しようとすれば次第に

炭酸が抜けていき、美味しさが落ちますよね?

 

なぜ炭酸が抜けてしまうのか?

炭酸が抜ける原因から順にチェックしていきましょう♪

 

 

炭酸が抜けるのはなぜ?

そもそもなぜ炭酸が抜けてしまうのか?

炭酸は二酸化炭素(CO2が水に溶けた状態のものを言います。

 

CO2は通常気体として存在するので、

液体状態の炭酸よりも気体になりたがっています。

 

さらに、CO2は気温が上昇するとより一層気化するため、

炭酸水を常温で放置しておくと、次の日には

ほとんど炭酸が抜けているわけですね。

 

炭酸が気化する理由の一つに気圧の関係もあります。

気圧が高ければ高いほど、二酸化炭素は水に溶けやすいです。

 

通常のペットボトル内の気圧は6気圧なので、

ボトルキャップを空けた途端に「プシュッ」と音がするのは

気圧差の分CO2が放出しているわけです。

 

まとめると、

  • 温度が高いと炭酸はすぐ抜ける
  • 気圧が低いと炭酸はすぐ抜ける

ということです。従って次のことが重要ですね。

 

炭酸を抜けないようにするには?

  • 炭酸をよく冷やす
  • 炭酸の気圧を高める

炭酸の気化を抑えるには温度と気圧!

a0790_000974

 

では従来行っていた炭酸を抜けないようにする

方法は正しいのかどうか?検証していきましょう。

 

 

炭酸抜きたくないならコレ!

炭酸が抜けないようにするためにしばしば行われる方法として

①ペットボトルをつぶす

②ペットボトルをさかさまにする

 

等があるかと思います。それぞれ解説していきましょう。

 

①についてですが、ペットボトルをつぶすと

ボトル内の気圧はかえって減圧されることになり、逆効果です。

寧ろそのまま放置していた方がいいくらいです。

 

②に関しては何も意味がありません。圧力が変化するわけでもありません。

この方法は都市伝説ですね。無意味です。

 

友達の家でこの方法をしている方がいたらそっと伝えてあげましょう。

では、本当に良い炭酸の抜けない方法とは?それは○○を使う事です。

 

 

炭酸は抜けま栓!

あなたも一度はこの商品を見たことありませんか?

 

この商品「炭酸ぬけま栓」はPUSH!PUSH!

ポンプ部分を押すことで、ボトル内の空気圧を高めます

結果として炭酸が気化するのを防いでくれます。

この商品はキャップが黒ですが、別品として、

ハローキティタイプもあるので、お子さんにも嬉しいですね!

 

炭酸を抜けないようにするには?

  • 炭酸をよく冷やす
  • 炭酸の気圧を高める

 

このことを考えると、この「炭酸抜けま栓」を使って

冷蔵庫で冷やせばかなり炭酸は長持ちします。

 

値段も約800円と、お手ごろ価格なので一度購入してみて

体験するのもいいかもしれませんよ~

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加