芥川賞と直木賞の違いは?賞金はたった○○円!!

Sponsored Link


日本の文学賞として最もポピュラーな賞の1つである

直木賞芥川賞

そもそも2つの違いをみなさん知っていますか???

 

2013年度の芥川賞・直木賞の受賞者がこちらの藤野可織さんと桜木紫乃さん。

毎年感じるのですが、個性豊かな人ばかりですよね。

文学者だからといえばそうなのですが・・・

と、その前に、みなさんはこの2つの賞の違いを知っていますか?

 

 

芥川賞とは?

芥川龍之介の名前が付けられ賞で、

純文学の新人作家に授与される賞を指します。

▶ 小説「鼻」 芥川龍之介 - YouTube (4)

 

芥川さんと言えば「羅生門」「地獄変」「歯車」を描いた

有名作家ですね。管理人が小学生の頃は「トロッコ」といった

作品も国語の教科書にありました。

 

享年35歳と若く他界しましたが、多くの作品を世に出し続けました。

その内容の多くが純文学

 

純粋に作品を書きたい!という創作意欲によって生まれた

小説を純文学と称します。

そのため、芥川賞=純文学作品となっており、

純文学の小説は芸術性にすぐれた作品を重要視します。

 

 

直木賞とは?

一方直木賞とは、直木三十五の名前が付けられた賞で、

大衆文学の中堅作家に与えられる賞を指します。

 

直木さんは小説家でもありますが、映画家や脚本家といった

一面を持つ多彩な方です。

 

有名な作品としては「南国太平記」ですね。

これはエンターテイメント性の強い大作で、なんと

5回も映画化されているほど好評だったようです。

 

そんな直木さんですが、芥川さんと違ってあまり

有名な作品がありませんよね?教科書でも見たことないです。

 

それは、直木さんが小説ばかり描いていた方ではなく、

様々な芸事に従事していたからだと言われています。

 

もちろん多くの小説作品を残していますよ!けれどどれも

長編過ぎて読むのが疲れるみたいです。

 

直木さんは主に描いていた作品が大衆文学と言われるものです。

これは面白い・笑える作品のことを表し、お笑い要素を重視した

小説を世に出した方なので、直木賞=大衆文学となっています。

 

 

芥川賞と直木賞の違いは?

前述でも話したことふまえると次のようになります。

 

芥川賞と直木賞の相違点は?

芥川賞・・・純文学作品。芸術性を重視

若手の作家が選ばれやすい。

直木賞・・・大衆文学作品。娯楽性を重視

中堅作家が選ばれやすい。

 

 

しかし、作品によっては純文学的でもあり、

エンターテイメント性もある小説もありますし、

中堅なのか新人なのか見分けがつきませんよね。

 

どうやって決めているのでしょうか?

 

 

選考方法は?

選考の際には、作品が投稿されている

文学雑誌を基準にして受賞者候補を決めています。

 

芥川賞候補になりやすい:文学界・新潮・群像・すばる・文藝

直木賞候補になりやすい:上記以外の雑誌・及び既に単行本化された作品

 

それでも当初はグレーゾーンがあって、ダブル受賞

果たした人はいないものの、

両受賞候補者に上がった人は何名かいらっしゃいました。

(木野工「襤褸」(昭和46年・第66回)北川荘平「水の壁」(昭和33年・39回)の2名)

 

因みに、いずれかの賞を受賞した方は自動的に次年度の候補から外されます。

いずれも6人の受賞候補者が選ばれ、そのうち1人が芥川賞、直木賞を受賞するわけです。

 

 

受賞者の賞金額は?

因みにこれらの賞の賞金はいくらなのか?

気になりませんか??

 

二つの賞ともに賞金額は100万円賞金自体はそれほど

大金には思えませんが、受賞した方はその後、

過去の単行本も大量に売れます。

 

賞金以上のお金が受賞者の懐に入るわけですね。

受賞したことでメディアの露出も増えますしね。

 

 

最近では本業が小説家!という人に比べて

医者やサラリーマン、さらには学生が大賞を

受賞するケースも増えています。

物か気が好きなら副業で小説家♪もいいかもしれませんね!

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加