節分の豆まきの由来!落花生でOK?

Sponsored Link


毎年2月3日と言えば節分の日

鬼の格好をしたお父さんが子供に豆を投げつけられて

鬼は外~福は内~」と言われ続けられますが、

豆を投げつける意味をあなたは調べたことはありますか?

ここでは節分の日の意味

豆まきの由来と歴史、そして投げる豆は落花生なのか?

やっぱり大豆なのか?紹介していきます。

 

節分を機に、鬼に子供のしつけを、お願い出来ちゃいます♪

 

テレビでも取り上げられており、子供のしつけにはうってつけだそうですよ~

 

 

節分の意味

広辞苑によると節分とは、季節の移り変わる時、

つまり、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指すそうです。

 

中でも立春の前日を節分というのですが、それは旧正月と関係します。

旧正月では立春のことを「立春正月」と呼び、

1年の始まりだったそうです。

 

特に立春が重要な意味合いを持ったので、その前日の

節分も強い意味を持ったわけです。

 

また、旧正月でいえば節分は1年の最期の日でした。

1年の間に身についた穢れ・災厄を祓い除け

清浄な身にして新たな年を迎ようという意味もありました。

 

節分に恵方巻きを食べるのは厄除けの意味もあるのです

(恵方巻きには無病息災、商売繁盛の意味合いもあります)。

 

恵方巻きを食べて1年の厄払いをする日が節分なわけですね。

037532

 

それでは、なぜ節分の日に豆まきをするのでしょうか?

その由来をみていきましょう。

 

 

豆まきの歴史と由来は?

節分の起源は1000年以上前に遡ります。昔は大晦日の日に

追儺(ついな)」という鬼を追い払う儀式を行っていました。

追儺とは?

追儺(ついな)とは、

  • 鬼やらい
  • 儺(な)やらい
  • 大儺(たいな)

とも呼ばれる鬼や災いを追い出すための宮中行事。

1年間せ貯まった様々な悪いこと、マイナスなことを清算して

次の年は新しく生まれ変わった気持ちで

やり直そうというものです。

023812

 

その儀式の一つに「豆うち」というものがあり、これが

一般の人々にも伝わり、大晦日にはそこらじゅうで「豆うち」をしたそうです。

 

その後、1年の最期の日が節分となったので

「豆うち」の儀式も節分に行うことになりました。

これが今現在でも続いており、節分と言えば「豆まき」となってますよね。

 

なぜ「」なのか?というと、まめは「魔の目」や

魔滅(まめ、魔を滅する)」といった意味があったため、

語呂合わせで豆を投げるようになったそうです。

 

因みに、豆まきの風習はイスラエルにもあり、

川に向かって豆を投げて厄払いをするそうです。日本の節分と似てますよね。

 

その「豆まき」なのですが、大豆ではなく、

落花生を投げる家庭があるそうです。どちらが正しいのでしょうか?

 

 

豆まきは大豆?落花生?

豆まきで投げる豆はフライパンで軽く煎ってから使いますよね。

これは古くからの言い伝えとして、煎り豆は「福豆」とよばれ、

縁起の良い物として使われます。

 

煎った大豆って美味しいですしね!

 

 

また、別の言い伝えとして、京都の鞍馬に鬼が出現した時、

毘沙門天様が「鬼の目に大豆を投げつけなさい」とおっしゃったそうです。

これら2つの意味から「豆まき」には大豆が使われています。

 

しかし、調べてみたところ、北海道・東北・北陸・南九州では

「豆まき」には落花生を投げるそうです。

 

これは、

「投げた後に食べれるから」

「地面に落ちても食べれる」

「後片付けが楽だから」

といった合理的な考えから生まれた発想のようですね。

 

管理人は福岡県北部の出身ですが、落花生を撒く家を

見たことがなかったので驚きました。

 

上記の地域以外にも落花生を使って節分行事を行っている家もあるかもしれませんね。

周りの友達や同僚に質問してみると良い話のタネになるかもしれませんよ!

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加