ひな祭りの由来とは!甘酒や白酒の違い知ってますか?

Sponsored Link


3月3日といえばひな祭り

女の子の成長を願って雛人形を飾り、ハマグリ

ちらし寿司を食べたり、甘酒白酒を飲むと思いますが、

そもそもひな祭りっていつから始まったのか?

なぜひな祭りにこのような行事食を食べるのか?

 

ここではひな祭りの由来について

ちらし寿司とハマグリを食す意味、

甘酒や白酒をなぜ飲むのかについて紹介します。

 

簡単に作れる雛人形のマシュマロ。

作り方はこちら↓ ↓ ↓

 

竹串に指すのもいいですが、の上にマシュマロを乗せると、

着物っぽくなって良い感じですよ~

 

 

ひな祭りの由来

桃の節句ひな祭り。女の子主役の行事ですが、

いつごろから始まったのでしょうか?

 

調べてみると、「ひな祭り」は、

穢れを洗い流す風習から派生したという

習慣から始まったとされています。

 

昔の日本では人形(ひとがた)に自分の穢れ(けがれ)や

悪いことを移して、海や川に流すという風習がありました。

今でも行われている「流し雛(ひな)」がそうですね。

 

その後、白い姿の人形が守り神として扱われるようになり、

時が経過するにつれて衣装を着せたりして手の込んだ

雛人形が誕生しました。

 

そして、昔からの宮中遊びであった「雛(ひいな)遊び

という貴族の人形遊びと合わさっって季節の節目に

「ひな祭り」ができたそうです。

 

白い人形が装飾されて、あんなにも綺麗な容姿の

人形になったとは驚きです。「雛人形職人」という職業があるほど、

雛人形には需要があったそうです!

 

それでは続いて、ひな祭りに食べる行事食についてみていきましょう。

 

 

ハマグリとちらし寿司を食べる理由は?

3月3日には食卓にハマグリのお吸い物

ちらし寿司が並びますよね。

何故食べるのか?をチェックしていきましょう。

 

ハマグリやちらし寿司を食べるのは?

ハマグリ

  • 昔は二枚貝(ハマグリ)を姫様(女の子)の象徴としていた
  • 一対の貝はそれ以外の貝とピッタリ合わないため、縁起が良かった
  • 季節柄美味しい

ちらし寿司

  • 昔から祭礼の日のメイン料理だった
  • 錦糸玉子や甘海老、桃色のデンブが春を予感させた

038952

 

ハマグリはひな祭り以外でも結婚式などに用いられますが、

ハマグリを用いる理由はここにあったみたいです。

 

夫婦が一枚になって頑張る」という意味があるため、

昔はハマグリは「嫁入り道具」として持ち込まれていたそうですよ~

 

おせちと同様に、ちらし寿司も、

具材の語呂合わせが多く見られますよね。

例えば

 

  • えび:長生き
  • レンコン:見通しが利く
  • まめ:健康でまめに働ける

 

昔から節句には縁起物を食べる!と決まってたようですね。

 

では飲み物はどうでしょう?何か意味はあるのでしょうか?

 

 

甘酒と白酒の違いは?飲むのはなぜ?

まずはじめに、甘酒白酒を混合している方がいるので

違いをチェックしておきましょう。

 

甘酒: 甘くてアルコールの入ってないお酒。家でも作ることができます。

ご飯に米麹を混ぜ、湯を入れ一日程度保温して発酵させる)

白酒:甘くてアルコールの入っているお酒。白くて特有の香りがあります。

酒造屋さんでの製造以外禁止されています。

 

甘酒は子供も飲めるけど、白酒は大人しか

飲めないってことです!

間違って小学生にアルコールを飲ませちゃだめですよ~

 

それでは肝心の。ひな祭りとの関係を見ていきましょう。

 

白酒というのは元来、中国から運ばれた「桃香酒」という

お酒のことを指していました。

時が経つにつれて白酒と名前が変わっていったのです。

 

桃香酒=りのお

と書くように、桃の匂いが特徴だったそうで、

さらに桃というのは長生きの象徴でもありました。

 

白酒(桃香酒)を桃の節句に飲むようになったきっかけは、

白酒に厄除けの効果があったからです。

 

言い伝えでは、

大蛇が宿ってしまった女性が3月3日に白酒を飲めば、

胎内の大蛇を流産させることが出来ると事を聞いて、

胎内に悪い子が宿らないように、白酒を飲むようになった。

とあります。

 

そのため3月3日には長寿を祝うため、厄払いのため

白酒を飲んだのです。

 

甘酒は白酒を飲めない子供のためのお酒~、

で間違いではないようです。

 

ただ、甘酒は別名「一夜酒」(ひとよざけ)とも呼ばれ、

一日で作ることができるほど簡単だったために

昔から庶民に親しまれていたこともルーツとしてあるようです。

 

ただし、ひな祭り用の甘酒は蒸したもち米うるち米

米麹を加えて、焼酎の中で約30日間熟成させ 、

搾らずにすりつぶすそうなので、一般的な甘酒と比較すると

贅沢さが違います。

専門店で購入するとボトルで一本5000円以上もするものがあります。

 

とはいってもスーパーや自動販売機で100円~200円くらいの甘酒缶が

販売されているので、個人的にはこちらの甘酒で

ひな祭りを祝われればいいのではないかと思います。

 

3月3日は甘酒を飲む日ではなく、

女の子の厄払いと長寿を祝う日ですしね!

 

 

白酒が肌に効果的?

無病息災や、長寿を願って飲む甘酒や白酒ですが、

実はこれらの飲み物には美容効果があります!

 

甘酒は麹から造られるため、ビタミンミネラルが豊富で、

ビタミンB群の糖代謝や保湿効果が期待できます。

 

白酒は酒粕が原料。身体がほっこりするだけでなく、

血流もよくなり、新陳代謝も向上します。

 

 

ひな祭りは子供の無病息災を祝う行事。

食べ過ぎや飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加