オリンピックのスキー!ジャンプの注目ポイントは?

Sponsored Link


フィギュアスケートやスピードスケートと共に

冬のオリンピック競技として注目を集めるスキー競技

98年のジャンプ・ラージヒル団体の金メダル獲得は

日本中の感動を集めましたよね。

 

因みにジャンプ競技についてみなさんどれほどご存知でしょうか?

近年では注目されないジャンプですが、2014年度は

メダル圏内に手が届きそうなんですよ!

 

そこで今回は、ジャンプ競技についてジャンプの

注目ポイントについて、2014年度の注目選手について

まとめてみました^^

種目や注目点についての知識があるだけで

より一層オリンピックを楽しめますよ~♪

 

98年(平成10年)の長野オリンピックは、日本で

開催されたこともあってものすごく盛り上がりましたね。

特にジャンプ競技は原田雅彦大ジャンプで日本中が湧きました。

 

この素晴らしい大ジャンプですが、これはオリンピック

スキー競技の一種目なんです。ご存知でしたか?

スキー競技にもいろいろあるので話のタネに

チェックしてみましょう~

 

 

スキーのジャンプ競技とは?

冬季オリンピックのスキー種目は大きく6競技あります。

 

  • ジャンプ
  • アルペン
  • クロスカントリー
  • ノルディック複合
  • フリースタイル
  • スノーボード

 

ジャンプはその中でもインパクトのある種目です。

とてつもない高さを人間がジャンプしていますからね~

一歩間違えると大惨事ですよね。

 

そんなジャンプですが、どのような競技なのか?

について紹介していきますね!

 

 

スキーのジャンプとは?

スキーのジャンプ競技はその名の通り、スキー板を履いて

ジャンプ台からジャンプする競技です。

 

  • どれだけ飛べたのか?(飛距離点)
  • どれだけ綺麗にジャンプしたか?(飛形点)

 

の2点で評価されます。

 

私たちが使用する一般のスキー板よりも

かなり長くて軽いのが特徴で、個人戦

(ノーマルヒル、ラージヒル)・団体戦の両方の

試合形式があります。

 

ノーマルヒルがヒルサイズ106mの地点からジャンプするのに対し、

ラージヒルはヒルサイズ134mの高さからジャンプします。

 

ヒルサイズとは選手が安全に着地できる最大距離のことで、

踏切台と着地斜面の終点で表されます。

飛ぶ高さが違う分、助走距離も変わるので、

どれだけ長く飛べるのかが大きく違います。

 

因みによく、「K点越え」という言葉を耳にしますが、

これはスキー・ジャンプ競技由来の言葉です。

 

仕事や他のスポーツなどで、限界を超えた時

比喩として使われますよね。

 

これは、ドイツ語で「極限点」を意味するKritischer Punkt

(Konstruktions Punkt、Kritisch Punkt)の頭文字を

とってK点と呼びます。

競技ではこのポイントを基準にして加点・減点を判断します。

 

しかしトリノ五輪以降、単純に「基準を上回る程度」の

意味合いしか持たなくなったので、テレビ中継で

この言葉を聞いてもあまり興奮しないでくださいね~

 

 

ジャンプ競技の見どころは?

ジャンプ競技は前述のとおり、飛距離点飛形点

重要になります。

 

飛距離は画面に表示されるのでまだわかりやすいですが、

飛ぶ時の形はどのように点数付けされているのか

知らなきゃわかりませんよね。

そこで次の2点に注目してください。

 

ジャンプの注目ポイントは?

  • 空中でのフォームや着地姿勢がキレイか
  • ヒルサイズ越えしたか

100223g

 

この2点をみるだけでも面白さの感じ方が全く違います。

 

さらに、フォームについては

  • 助走間でのしゃがみ込むような姿勢
  • V字ジャンプができているか
  • 着地後のポーズ(テレマーク)ができているか 

を注意してみてください。

選手でも癖が出ていたり、空中で板が暴れていたりするので

そこでポイントに差が出てきます。

 

もう一つのチェックポイントである飛距離ですが、

ヒルサイズを超えた」という実況を聞けば、その時の

飛距離はすごいと感じてください。

 

例えば、ラージヒルにおいてオリンピック選手たちは

およそ120m以上ジャンプします。

ジャンプ台にもよりますが、ヒルサイズは140m前後です。

 

2014年度のソチオリンピックでも間違いなくヒルサイズ越えが

優勝条件となるので要チェックです!

 

 

注目のジャンプ選手は?

近年はルール改正やフィギュアスケートの人気ぶりで

注目されない競技となってしまったジャンプ競技ですが、

2014年度の金メダルに最も近い選手が注目を集めていますね。

 

それが高梨沙羅さん。最近ではテニスプレイヤーの

錦織圭さんと枕のCMに出演していましたね~

 

17歳という若さにも関わらず、2012/13シーズンの

女子ノーマルヒルで圧倒的な強さで総合優勝しました。

2014年度の女子ジャンプは天才ジャンパー・高梨さんに期待ですね!

関連記事

    None Found
Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加