a0960_003945-300x224

太宰治の不朽の名作「斜陽」。

日本版「桜の園」を意識して描かれた作品で、

斜陽族」という言葉を生み出したほど大ヒットしました。

 

人間とは何なのか。そんなことを考えさせられる一冊。

今回はその「斜陽」のあらすじを簡潔にまとめてみました。 「太宰治 斜陽のあらすじ!1200字で簡潔に♪」の続きを読む…

a0800_000132-300x224

小林多喜二の代表作「蟹工船」。

昭和初期の蟹工船の乗組員の労働実態を題材とした

実話のストーリーですが、

どんな話だったか覚えてますか?

資本主義の正否を考えるためには、無くてはならない作品です。

そこで今回は「蟹工船のあらすじを簡潔にまとめてみました。

「小林多喜二 蟹工船のあらすじ!映画との違いはある?」の続きを読む…

a1520_000023-300x198

「―吾輩は猫である―」

聞いたことないくらい有名な一言ではないでしょうか。

猫目線の世界を描くという画期的な作品は、

今でこそ珍しくない発想ですが、

文学界に大きな影響を与えたユーモア小説の1つです♪

 

この小説を機に漱石は有名小説家の1歩を踏み始めたわけです。

そこで今回は夏目漱石の長編小説である

「吾輩は猫である」のあらすじをまとめてみました。

「夏目漱石の吾輩は猫である!あらすじを簡潔に1200字で♪」の続きを読む…